蓄光式滑り止めシール

蓄光印刷による滑り止めのためのドットが光る蓄光式滑り止めシール

蓄光式滑り止めシール

暗闇で光る滑り止めシール

蓄光式滑り止めシール

厚盛スクリーン印刷技術と蓄光印刷技術による蓄光式の滑り止めシール。

蓄光式滑り止めシールは蓄光印刷部分が凸ドットとなっているため、平常時の滑り止めとして活用できることはもちろん、災害時などの夜間の停電時には蓄光印刷された凸ドットが発光するため、階段などに貼付しておくことで、手元、足元が確認出来て安全に移動が出来ます。

蓄光UVインキによって粘着シール一面に作成されている凸ドットは、高さ0.6mmのおわん型で、肌にフィットする抜群の滑り止め効果を発揮しながら、床面や階段に貼付した際にもつまずきにくくなっています。

非常時に移動する際の安全確保

階段や手すりに蓄光式滑り止めシールを貼ることで、平常時には通常の滑り止めとして活用できることはもちろん、滑り止めのドットが蓄光印刷となっているため、災害時などの夜間の停電時に凸ドットが発光します。このため非常時に暗闇となってしまった場合でも、蓄光式滑り止めシールを貼ってある手摺や階段が光ることで、手元、足元が確認出来て安全に移動することが出来ます。また、蓄光式滑り止めシールが光るため誘導表示としても役に立ちます。

高齢者の転倒事故の防止にも

高齢化が進み家庭内などでの足を滑らせての転倒事故が急増していますが、転倒事故によって寝たきりになるなどすると、介護する家族の負担は大変なものとなります。

高齢者の住居内の手摺りや階段、床等に蓄光式滑り止めシールを貼ることで、足を滑らせての転倒を未然に防ぐことができ、夜間の明かりの少ない状況でも段差などを明示することができるため転倒事故の防止につながります。
当社の蓄光式滑り止めシールは、靴下を履いていても滑りにくく、また、滑り止めのドットの高さを0.6mmと抑えていることで、足をするように歩く高齢者でもつまずきにくくなっています。

避難用施設での採用例も

静岡県浜松市津波避難タワー

実際にこれらの蓄光式滑り止めシールの優れた特性から、津波の際の一時的な避難先となる津波避難タワーでも当社の蓄光式滑り止めシールが採用されています

静岡県浜松市の津波避難タワー

蓄光式滑り止めシールの特徴

漸次減光するものの、高輝度に自発光し約10時間以上の発光を持続。

太陽光や蛍光灯の紫外線を約20分間することで最高輝度を発揮し、自発光開始後は漸次減光しながら約10時間以上にわたって発光を持続します。

凸ドット形状はおわん型で、滑り止め効果が高く触れた時に滑らか。

蓄光式滑り止めシールに蓄光UVインキによって印刷されている凸ドットは、高さ0.6mmのおわん型で、じかに触れた際にはなめらかな感触があり、かつ、高いすべり止め効果を発揮します。

材料に透明フィルムを使用しているので、貼付場所の材料の質感を損なわない。

蓄光式滑り止めシールのベースには透明フィルムを使用しており、貼付場所の質感や美観を損ないにくくなっています。

施工が簡単。簡単に切ることができ、離形紙を取れば貼付可。

施工が簡単

蓄光式滑り止めシールはハサミなどで簡単に切ることができ、また、貼付の際には一般的なシールと同様に貼付面の離形紙を剥がして貼るだけの簡単施工です。

一般家庭でも簡単に貼ることが出来るのはもちろん、採用事例としてご紹介している津波避難タワーなどのように、大量に蓄光式滑り止めシールを貼付する施工工事が必要となるような場合でも、施工時間を大幅に短縮でき、施工費用も大きく削減出来ます。

屋外使用での耐用年数は3年以上。

水に弱い蓄光材の弱点を克服し、屋外での使用においても3年以上の耐久性があります。

屋外などの金属製の手摺りにおいて夏は熱く冬は冷たい感触を緩和。

蓄光UVインキによって印刷されている凸ドットにより、特に屋外での夏の高温下の金属製手摺の熱さを緩和し、また、冬の手摺の冷たさを緩和します。

 

大きさ 300×400m/m
価格 価格は御見積提供します。
(送料) お買い上げ10,000円以上は弊社負担します。
購入方法 購入及びお問い合わせは、メール又はFAX、電話にてご連絡下さい。
蓄光印刷による非常口マーク

お問合せはお問合せページから、お見積もりのご依頼はお見積りページからご連絡いただくか、下記までご連絡ください。

TEL : 048-623-4065 FAX : 048-622-4724